治療院名

CONTENTS 目次

■施術院の紹介

■スミレカイロの歩み

■施術風景

■初めて来院される方へ

■施術コンセプト

■美容メニュー

■自分でできる疾病対策

■患者さんの声

■Tさまのカイロ体験記

■Q&A

■プライベート写真館

■リンク

>>ホームへ戻る


自分でできる疾病対策


頭痛、首・肩こり対策について

鎮痛剤は副作用も強く、頭痛の大半は頸椎を改善してあげることで消失します。人間は頭を上下・前後・左右あらゆる方向に動かす必要があるため、頸椎は一部特殊な形状をしており、また、身体の中で一番重い頭部を支えるために肩から首にかけて多くの筋肉が支える構造になっています。

<主な原因>

  1. 筋肉のバランス悪化
    頸椎に歪みが生じると、バランスが狂って頭を支えている筋肉群に偏った負担がかかってしまい慢性的に筋肉が緊張した状態となってしまいます。さらに血行も悪くなり、後頭部などに虚血性の頭痛が発生することもあります。
  2. 神経の圧迫
    腕や手にシビレが出る場合はこの可能性があります。神経系は中枢神経(脳・脊髄)と末梢神経(運動神経・感覚神経)に分かれますが、末梢神経は背骨の骨と骨の間から出ているため、骨に歪みが生じると神経の根本を圧迫して痛みやシビレを起こします。
  3. 頭蓋骨の歪み
    頭蓋骨は23個の骨が「縫合(ほうごう)」と呼ばれる細かい凸凹で組み合わさっていますが、僅かずつながら歪みが蓄積されることがあります。頭頂部や目の辺り等に頭痛がある人は要注意です。鏡をじっくり見て目の高さや鼻筋が曲がっていないかチェックしてみてください。
  4. その他
    ほかにも高血圧の作用や、脳の疾患、精神的ストレスなどからくる場合もあり、自己判断せずに専門家の判断を仰ぐことが重要です。高血圧と肩こりが併発しているとプッツンする確率が急激に高まるそうです。せめてどちらかはしっかり管理しておきましょう。

<対策について>

原因により対策は様々なのですが、一般的には「目のアイシング」、壁立て伏せ・ウォーキングなどの「運動」が有効です。アイシングは目を冷やしながら寝てください。壁立て伏せとは手を肩幅より広めに置き壁に向かって腕立て伏せをすることで、手の位置を広めにすることで肩こり解消に必要なほとんどの筋肉を運動させることができます。

また、筋緊張の緩和には「保温」と「ストレッチ」が有効です。ただし、首をぐるぐる回す体操は余計首を痛め症状を悪化させる恐れがあります。頭を前後左右にゆっくり曲げて反対側の筋肉を伸ばすストレッチが良いでしょう。

<スミレ目安>

アイシングやストレッチをしても首肩こりが解消しない時や、肩こりが頭痛になった時は、治療が必要な時期だと思って来院してください。


腰痛対策について

まず、急性の場合は安静が第一です。例えば発症から1週間家で寝ていればほとんどの場合良くなります。しかし忙しい日本人には無理な話です。

<腰痛の主な種類>

一口に腰痛と言っても、その原因により様々な種類があり、それぞれで対処法も異なってきますので注意が必要です。

  1. 筋肉系の疾患
    患部を伸ばして痛みが強くなる場合(例えば、右腰痛の時に上体を左に倒すと痛みが強くなり、右に倒したら弱くなる場合など)は筋肉系の疾患の可能性が高いです。急に激しい痛みが出てきた場合は「安静」にすることと患部を「冷却」することが大切です。
  2. 神経系の疾患
    痛みだけでなくシビレがある場合や、@とは逆に患部の方向へ上体を倒すと痛みが強くなる場合は神経系の疾患(神経圧迫など)の可能性があります。この場合は原因となっている箇所を早急に特定し、その解消または緩和を行う必要があります。
  3. その他
    ほかにも内臓からくる場合や、骨そのものの疾患の場合もあり、自己判断せずに専門家の判断を仰ぐことが重要です。

<慢性腰痛について>

最も多い疾患で、病院等でも特に原因が見つからず「腰痛症」と診断されることがほとんどです。この場合は基本は「保温」と「ストレッチ」です。危ないなと思った時は「コルセット」と「安静」。なぜ慢性腰痛になるのかと一言で言えばカラダの使い方が下手なのです。そしてケア不足。最低限次のことには注意してみてください。

  • 起床 … 朝起きる時は一度身体を反転してから起きあがりましょう
  • 仕事 … 重いものを持つ時はコルセットをするか、重心を下げて持つ
  • 腹筋運動 … 痛みのある時は腰痛を悪化させます。痛みのない時に行う
  • 姿勢 … 痛みのある時は楽な姿勢を。無理して良い姿勢にすると腰痛悪化

<スミレ目安>

朝起きた時に痛みがある場合や、くしゃみや咳をして痛みのある時は、治療が必要な時期だと思って来院してください。

▲ページの頭へ

Copyright(C) Sumire-Chiropractic-Ise.All Rights Reserved.